aaaaa


下着と県民性


「大阪の人間はこうだ」とか「東京の人間はああだ」とか言われることが

ありますが、皆さんは県民性って信じます?

信じないという方もいらっしゃると思いますが、日本では県民性って

普通に使われていますよね?

今回は下着に関する県民性のアンケート結果を発見したので、結果を

発表したいと思います。

アンケート項目は複数あったのですが、先ずは「1年間のブラジャー購入

枚数が最も多かった県」から発表しましょう。

見事1位に輝いたのは4.9枚を購入する福島!

その後に、4.8枚の長崎県、4.7枚の山口県、4.6枚の広島県、4.5枚の

東京都が続いています。

逆に、最も少なかったのは3.2枚の三重県、愛媛県、北海道だそうです。

お次は「1年間の下着の購入金額」を発表したいと思います。

栄えある1位に輝いたのは、21,532円の長崎県!

この後を19,219円の秋田県、19,097円の福島県、18,581円の広島県、

18,523円の東京都が続きます。

福島、広島、東京は両部門でランクインしてますね。

ちなみに、最も少なかったのは11,571円の滋賀県でした。

これらの他にも興味深いアンケート結果があり、和歌山県はピンクの

下着好き、岐阜県は黒の下着好き、愛媛県はベージュの下着好きが多いと

いうことが判明しました。

愛媛県は1年間の下着の購入金額でもワースト3に選ばれているため、

下着にあまりお金をかけず、ベージュ色の下着を好む人が多いという

ことでしょうか?

下着のデザインでは、長崎県はTバック好き、秋田県はセクシー下着

好きが多いそうです。

両県は1年間の下着の購入金額ランキングで、1位と2位に選ばれている

のが興味深いですね。

やっぱり県民性ってあると思います?
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。