aaaaa


アンダーヘアーのカット


欧米では男も女もアンダーヘアーをカットして整えたりするのが一般

的になりましたが、その波が日本にも波及してきているそうです。

それも女性ではなく、男にです!

日本では女性でもアンダーヘアーをカットしている人って過半数じゃ

ないと思います。

水着を着る夏は別としてね。

ただ、アンダーヘアーをカットしてる男はまだまだ少数派のようです

けどね。

それに女性からは「遊んでいそう」、「信用できない」と評判は芳しく

ないそうです。

でも、これから先はどうなるかは分かりません。

女性のアンダーヘアーカットが一般的になったら、その流れが遅れて

男に波及するでしょう。

なぜなら、女性の流行は数年遅れて男に回ってくるからです。

男の眉毛カットだって、今や珍しくないでしょ?

エステに通う男も増えてきているし。

美容に関する女性の流行は、必ず遅れて男に回ってくるのです。

ただ、男は流行を先取りしようとは考えない方が無難だと思います。

女性にとって一般的になっていないことをしようとすると、「男のくせ

に気持ち悪い」と言われるのが関の山ですよ!

女性は彼氏に先を越されないように、今から対策だけでも考えておく

ことをお勧めします。

アンダーヘアーの形


女性にとって夏など水着を着る季節に気になるのがアンダーヘアー

ですよね?

ただ、かなりプライベートなゾーンだけにちょっと話題にしづらい。

かなり親しい間柄でも相談しづらい女性もいると思います。

実際、どの位の割合でアンダーヘアーを処理している女性っているん

でしょう?

エステの店員さんによると意外と脱毛している女性って多いそう

です。

これもアメリカの影響でしょうか?

アメリカ人女性って処理してない子のほうが少ないと思います。

これについては正式な統計はないんですけどね。

ただ、処理っていっても「どんな風にすればいいの?」って感じです

よね。

これはある程度パターンがあります。

大きく分けて4パターンです。

1 スタンダードスタイルの逆三角形パターン。

2 自然な美しさが魅力のUラインパターン。

3 セクシーな海外セレブ仕様のIラインパターン。

4 女性らしくかわいい逆たまごパターン。

処理するのは自由ですけど、永久脱毛だとパターンは慎重に選んだ

方がいいですよ。

アンダーヘアー処理


この間、テレビを見ていてビックリしました。

っと言うか、オセロの松嶋尚美さんにはいつも驚かされます。

あの人はどこまでが本気なのか全然分かりません。

たまにテレビに出ていて大丈夫なのかと心配にもなります。

しかし天然ボケが面白くてなぜか見てしまいます。

特に「きらきらアフロ」は面白いですね。

その「きらきらアフロ」でまたまた驚かされたときの話です。

松嶋さんは「Vラインが流行っている」と言ってアンダーヘアーの

処理をしに行ったそうです。

たぶん脱毛などをしてくれるエステだと思います。

そこで「今はVラインじゃなくてIラインが流行っている」と言われた

そうです。

Iラインなんて初めて聞きました。

Iラインとはお尻のほうに向かうアンダーヘアーをI字にするみたい

です。

そこで松嶋さんは流行ってるならやってみようとなったみたい。

でも人に見られるのは恥ずかしいから、それじゃー自分でやろうと

なりました。

機械を借りて自分でやったみたいです。

もちろん失敗しました。

やる前から分かりきったことなのに。

最初からやってもらえば失敗することもなかったのに。

でもここで思ったのは日本人女性でもアンダーヘアーの

手入れを考えている人っているんですね。

日本人女性の一般的な手入れって何なんでしょう?

アンダーヘアーの手入(処理)


日本ではアンダーヘアーの手入(処理)ってあまり馴染みが

ないですよね?

水着を着る時に女性がビキニラインの処理をするくらいだと

思います。

日本人にはそれが多数派でも、海外では少数派かもしれません。

海外と言っても地域によって全然違うけど、南北アメリカ、

ヨーロッパではアンダーヘアーの手入(処理)は多数派だと

思います。

これは僕の独断でなにか統計があるわけじゃありません。

ただ、海外生活での経験や友達の話を自分なりにまとめると

そんなに間違ってはいないと思います。

しかも女性だけではなく男性も手入(処理)しているようです。

これは実際見たことはないけど、そうみたいです。

また、これはテレビで見た話なんだけどエストニアではアンダー

ヘアーの手入(処理)をする美容院?があるみたいです。

カットだけではなくヘアーカラーなどもするようです。

日本人にはちょっと信じられないですよね。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。