aaaaa


女性の体型変化の周期


自分の体型が気にならない女性っていませんよね?

体型を維持するために日々努力している女性も多いと思います。

ただ、そんな女性たちにショックな情報を発見してしまいました。

下着メーカーのワコールが約40年もかけて女性の体を計測して研究を

重ねた結果、女性には加齢によって体型の変化がハッキリと見える

時期があるそうです!

それは「スパイラルポイント」というそうで、約10年に1度の周期で加齢

による体型の変化が現れるとのこと。

まずは10代。

10代前半から女性ホルモンが大量に分泌されて皮下脂肪を体内に溜め

込み、全身に丸みを帯びてサイズが一気にボリュームアップします。

この急激な成長が落ち着いて、大人の女性としてのバランスのとれた

体へ変化し始める16〜18才までの時期が10代のスパイラルポイントだ

そうです。

お次は20代。

思春期のポッチャリとした身体つきから大人っぽいほっそりとした

プロポーションになり、成人後の体のサイズが最も小さくなる24才〜

26才までの時期が20代のスパイラルポイント。

最後が30代。

基礎代謝の低下や女性ホルモンの減少がきっかけで脂肪が増え、ウエ

ストのクビレがなくなり、上半身のサイズが大きくなるなど、身体の

ラインが変化していきます。

これが30代のスパイラルポイントで、これまでにない大きな変化を

実感するそうです。

驚いたのは、30代のスパイラルポイントは出産の有無によって時期が

ずれるようで、出産経験の無い女性の37〜39才に比べ、出産経験の

ある女性には3年ほど後の40〜43才に訪れるんだって!

逆のような気がしません?

このスパイラルポイントなんですが、残念ながら誰にも止めることが

できないとのこと。

いつまでも体型を維持したいなら、規則正しい生活をして、年齢に

合った下着の選ぶのが大事なんだそうです。

中国のセクシー下着ファッションショー


2007年5月12日に中国の南京市で2007年新モデルの下着ファッション

ショーが開催されました。

「下着ファッションショーなんて珍しくないよ!」って思いますよね?

ただ、この下着ファッションショーは街中で開催されたんです!

そのため、あっという間に多くの人が集まって人だかりができ

ちゃったそうです。

当たり前といえば当たり前ですよね。

キレイな下着モデルがセクシーランジェリーを身に付けて次々と登場

するんだから。

下着メーカーの思惑通り大盛況といったところでしょうか。

ただ、必ずしもそうとは言い切れないようです。

女性を中心に、一部の南京市民にはこの下着ファッションショーは

不評だったそうです。

ある女性は「集まっているのは鼻の下のばしたオヤジばかり!」と

ご立腹。

これも当たり前といえば当たり前ですよね。

やっぱり立ち止まっちゃいますよね?

下着メーカーはここまで計算していたのでしょうか?

女性用下着なのに女性を敵に回しちゃったら意味ないですよ。

ブラジャー早脱ぎコンテスト


2007年3月、シンガポールで面白そうな番組が放送されていました。

「マトンとノーブラの日」という番組で、女性たちが洋服の下に着けて

いるブラジャーを脱ぐ速さを競うコンテストを放送したそうです。

ただ、この番組は内容が不適切という理由で1万5000シンガポールドル

(約120万円)の罰金だそうです!

日本ならそんなに問題になるような内容じゃないですよね?

下着姿どころか胸まで出してる番組もあるくらいだし。

もっと驚くのは、この番組はテレビ番組じゃなくて、ラジオ番組なん

ですよ!

DJがブラジャーの色、デザイン、サイズ、女性の胸の大きさについて

コメントしたことなどが不適切だったようです。

ラジオで罰金なら、テレビだとどうなったんでしょうね。

この番組なんですが、ビデオ撮影もしていたようで、YouTubeで鑑賞

されているそうです。

アメリカの国民下着デー


ちょっと古いんですが、面白い記事を発見しました。

2005年8月の記事なんですが、今でもやってるのかちょっと興味が

あります。

何の話かちょっと分からないですよね?

2005年8月10日のニューヨークに下着姿のモデル達が集まっていた

ようです。

なんの為に?

「8月10日を"国民下着デー"にしよう!」と、街行き交う人々に署名を

貰うためです。

この運動は下着専門販売freshpair.comのサイトが始めたようで、

2005年で3回目だそうです。

これまでの説明ではこの運動の趣旨が分かりませんよね?

アメリカ人は年間13兆ドルも下着に費やしているそうです。

「その割にあまりにも扱いが雑すぎるんじゃありません?下着について

ちょっと考えてみましょう」的な日にしたいという意図があるそうです。

ただの下着屋さんの販売戦略のような気がするのですが・・・。

画像を見ると、下着姿の白人モデル、黒人モデルが地下鉄で署名を

集めていました。

興味のある人は8月10日にニューヨークに行ってみてはどうですか?

まだやっているのかは知りませんけど・・・。

オーストラリアの下着ファッションショー


オーストラリアでちょっと変わった下着ファッションショーが

行われたようです。

それはシドニーと並ぶオーストラリアの大都市メルボルンで行われ

ました。

どこが変わっているんでしょう?

それは下着ファッションショーが行われた場所です。

普通ならちゃんとした会場を用意しますよね?

この下着ファッションショーは、なんとメルボルン市内の路上で

行われたようなんです。

記事によると2006年12月13日、メルボルン市内の路上に突然下着姿の

二人の女性が姿を現しました。

画像を見ると、本当に白人モデルが下着姿で路上を歩いています。

このパフォーマンスは地元の下着ブランド「sabi」による新作

コレクションのリハーサルだったようです。

本番は翌日14日に行われる予定とありますが、本当に行われたのかな?

許可が取れるのか?

日本でやったらマスコミが絶対取り上げるから、宣伝効果はあるで

しょうね。

ただ、今は携帯にカメラが付いてるから撮られまくるかも。

下着モデルが集まらないかどうか。

女子高生がパンツマンのコスプレ


アメリカでちょっと面白い事件がありました。

場所はニューヨーク州ロングビーチ高校で行われたコスプレ

イベント「スーパーヒーロー・デー」です。

事件とは、17歳の女子高生3人がデイブ・ピルキー原作の人気子供向け

マンガ「スーパーヒーローパンツマン」のコスプレを校長先生に

禁止されたことです。

パンツマンとは、意地悪な校長がいたずら小学生2人組の描くマンガの

なかの主人公である「パンツマン」に変身し、世直しを行う米国で

人気のマンガです。

校長先生はレオタードとストッキングに白いブリーフ・パンツ、赤い

マントのいでたちの女子高生3人組に「裸じゃないのは知ってるが、

見た格好、裸だろう!」とカンカンだったようです。

女子高生3人組は「シースルーでさえないのに、言ってることが

わからない」と不満気味。

結局、女子高生3人組は家に帰り、普通の服に着替えたそうです。

これってわざわざ日本でニュースにするようなこと?

そこが一番面白かったです。

ブラジャーが交通事故の原因


ちょっと面白いニュースを見つけました。

場所はアメリカのオハイオ州です。

女子高生のブラジャーが原因で交通事故が起きたようです。

これだけを聞くとちょっと間抜けは話ですよね。

でも、実際は運転手は首の脊椎を折り、助手席に座っていた友人は

肋骨を数本折るという大事故だったみたい。

なんでこんな大事故が起きたのでしょう?

前方を走っていた女子高生のブラジャーが原因です。

走行中に助手席に座っていた女子高生がブラジャーを脱いだそうです。

でも、それを見ようとして事故が起きたわけじゃないですよ。

その女子高生が脱いだブラジャーを車のアンテナに付けようとしたの

ですが、風に流されてブラジャーが飛んでいってしまいました。

後方を走っていた運転手はビックリしたんでしょうね。

ブラジャーをよけようとハンドルを何度もきったため、車はバランスを

失い事故ったそうです。

ちょっと可哀相ですね。

でも、これがもしブラジャーを取ろうとして事故を起こしたとしたら

違う意味で可哀相です。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。